御所浦白亜紀資料館「夏の企画展」

この話題は、2020年8月6日(木)に天草ケーブルネットワーク㈱ 「あまくさ、日々の話題」にて放送された天草の情報です!

 

 

  現在、御所浦町の御所浦白亜紀資料館では、「夏の企画展」が行われています。

今年のテーマは「恐竜」で、ティラノサウルスやトリケラトプスなどの大型の恐竜から卵までそのほとんどが普段公開されていない標本で、約200点が展示されています。

 中でも人気なのは白亜紀を代表する肉食恐竜「ティラノサウルス」で、がっちりとした顎と杭のような太い歯が特徴で、噛む力は陸上生物では史上最強と言われています。その他にも、「プロバクトロサウルス」など様々な恐竜の標本が展示されています。

 担当者によると初日に訪れた来場者は、大きな恐竜の標本に声を上げて驚いていたということです。

この企画展は8月31日(月)まで開催され、開館時間は午前8時半から午後5時までとなっています。また、感染症対策の観点から、入場に制限がかかる場合があります。詳しくは「御所浦白亜紀資料館」までお問い合わせください。

関連記事

  1. 天草エンタメch「あまピカ」

  2. 民生委員児童委員研修会 開催

  3. 宮地岳地区に防火機器贈呈

  4. 第38回天草墨友会水墨画展

  5. 国有財産一般入札競争案内

  6. 上天草市企業説明会

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。