サッカースクールが海のスポーツ体験

この話題は、2020年8月12日(水)に天草ケーブルネットワーク㈱ 「あまくさ、日々の話題」にて放送された天草の情報です!

 

  8月8日(土)天草市で活動するサッカースクール【あまくさFC】のスクール生がビーチサッカーとSUPを体験しました。

これは、サッカースクール【あまくさFC】が、様々な体験活動を通したスクール生の健全育成を目的に企画したものです。今回は天草の地域資源である海をフル活用し、ビーチサッカーやサップ体験などを行いました。

 早朝6時30分。本渡海水浴場に集まったスクール生とその保護者、コーチ陣合わせておよそ40人は、今回のグラウンドとなる砂浜の清掃活動を行い、貝殻や流木、プラスチック片などを拾い集めました。

その後「天草弁ラジオ体操」で準備運動を行い、子どもたちは「転んでも痛くない」「ドリブルをするときはボールを浮かせなければならない」と感想を話しながら、普段とは違う砂浜に悪戦苦闘しながらもビーチサッカーを楽しんでいました。

 ビーチサッカー終了後は マリンスポーツ SUP体験にチャレンジ。天草スタンドアップパドルボード協会ライフセーバーによる海の安全教室では、ライフジャケットの正しい着用の仕方や海や川で流されそうになった時の対処法などを習いました。

 今回は【メガSUP】と呼ばれる 10数人が一度に乗ることができる大型のSUPに乗船。初めてのSUP体験に子どもたちからは歓声が上がっていました。あまくさFCでは今後も様々な体験活動を企画するということです。

()

関連記事

  1. 御所浦小学校児童 マダイの稚魚を放流

  2. 牛深地域の復旧作業 続く

  3. 五和町の童子像 修復完了

  4. 「ヒヤリ」と感じた通学路で交通安全指導 ‼

  5. 一町田地区コミュニティセンター落成式

  6. 海外実習生の手づくりマスク‼

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。