五和町の天神山で疫病退散の神事

この話題は、2020年8月13日(木)に天草ケーブルネットワーク㈱ 「あまくさ、日々の話題」にて放送された天草の情報です。

 

  

 視聴者投稿ニュースです。

 7月26日(日)、天草市五和町鬼池の天神山天満宮で疫病退散を祈る神事が執り行われました。

 天神山天満宮は、鬼池港や島原半島を臨む、天神山の頂上に鎮座する神社で、疫病を鎮める神様としても知られる「菅原道真」を祀っています。

  太平洋戦争前から改築が繰り返されてきたことが記録に残っているこの神社では、毎年神事と併せて地域の祭り「天神山祭り」が行われていますが、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から中止となりました。

 この日は神社の宮司や鬼池区長会の代表らが出席するなか、玉串や地元で獲れた鯛などが供えられたあと、疫病退散、五穀豊穣などが祈られました。

 鬼池地長会の山下代表は、「楽しみにしている人たちのためにも、新型コロナウイルスが終息したら来年こそはお祭りを開催したい」と話していました。

()

関連記事

  1. 鯉のぼりが銀天街を泳ぐ ‼

  2. 天草初の地ビールが間もなく完成 ‼

  3. 天草市民センターの施設利用が再開‼

  4. 上天草市企業説明会

  5. 豪雨被害地域へ避難用テントを寄贈

  6. 「天草まちゼミ」間もなく開催

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。