笑顔よ届け サプライズ花火

この話題は、2020年8月14日(金)に天草ケーブルネットワーク㈱ 「あまくさ、日々の話題」にて放送された天草の情報です。

 

  8月13日(木)天草市栖本町でサプライズ花火が打ち上げられました。

  これは、栖本地区振興会が新型コロナウイルス感染症の早期終息を願うとともに、暗い世の中を少しでも明るくし、笑顔を届けたいという思いを込めて実施したものです。

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から栖本町住民のみに告知され行われた花火大会。定刻となった午後8時に一斉に花火が打ち上げられました。

花火のルーツをたどると「悪疫(あくえき)退散(たいさん)祈願(きがん)」を目的として花火を打ち上げたことが花火大会の起源になっているともいわれ、鎮魂や復興を願う花火も全国で数多く実施されています。

今回の花火はおよそ15分間、300発打ち上げられ、栖本地区の夜空を彩りました。

()

関連記事

  1. 第一弾!天草の音楽集団KAPOEIRA(カポエラ)による「情熱の薔薇」You Tube配信スタート!

  2. 天草市男女共同参画 市民企画講座

  3. 「天草市複合施設ここらす」オープン‼

  4. 天草の高校生が「ビジネスプラン」を発表

  5. 軍艦長良慰霊祭

  6. 歴史資料保全のお願い

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。