天草バージョンアップサミット2020 開催!

この話題は、2020年9月14日(月)に天草ケーブルネットワーク㈱ 「あまくさ、日々の話題」にて放送された天草の情報です!

  

天草の可能性を、様々な講師を招き議論する「天草バージョンアップサミット2020」が、9月12日(土)天草市太田町の天草信用金庫で行われました。

これは、中小企業の支援に取り組んでいる天草市企業創業・中小企業支援センター「アマビズ」が、天草の可能性を最大化し、地元住民によって天草をバージョンアップしようと企画したもので、今回で2回目の開催となります。

この日は、オンラインでの参加を含めおよそ40人が参加。初めに、アマビズの内山センター長から開会のあいさつが行われた後、前熊本県副知事の「小野泰輔」さんによる 【コロナ時代をどう生きるか~天草の持続可能な地域づくり~】を演題に基調講演が行われました。

講演の中で小野さんは、コロナ禍におけるオンラインの活用方法、子どもが住みやすいまちづくりの推進を提唱しました。

 そのあと、講師らによるパネルディスカッションや参加者による意見交換会が行われ、天草の魅力や可能性への展望のほか、天草の不便さに対する解決方法など、様々な意見が発表されました。

参加者は「自分の郷土のことをこんなに考えて、熱心に取り組んでいることに感動しました」と話し、アマビズの内山センター長は「参加者の皆さんからいろんな意見が出て、すごく手ごたえを感じました」と感想を述べていました。 
 アマビズは今後も、さまざまな企画で天草の活性化を計りたいということです。

関連記事

  1. 鯉のぼりが銀天街を泳ぐ ‼

  2. 天草初の地ビールが間もなく完成 ‼

  3. 天草町でレンコンの収穫体験

  4. 全国一斉!レジ袋有料化

  5. 嘉島町から天草市に義援金贈呈

  6. 音と絵本を家の中でも楽しんで ‼

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。