「油すまし」を描いてみよう

この話題は、2020年10月22日(木)に天草ケーブルネットワーク㈱ 「あまくさ、日々の話題」にて放送された天草の情報です!

  

 天草市と京都芸術大学が連携し実施しているプロジェクト「旅するキャンパス」にて、現在、妖怪「油すまし」のイラストを募集しています。

 

 「旅するキャンパス」とは、天草市と協定を結んでいる京都芸術大学が、天草市民に向けて地域資源を活用した「芸術」を学ぶ機会を作り、また地域課題に対し、大学のノウハウを活用した提案を行う事業のことです。2年目となる今年は、自宅から誰でも参加できる「オンライン講座」として開催されています。

 テーマとなった「油すまし」は、天草市栖本町が発祥とされる妖怪です。同町の河内地区には「油すまし」の墓といわれる石像があり、地元の人たちによって大切に祀られています。

 

 今回の講座は、正体不明の妖怪を題材にすることで、地域資源を掘り起こし、地域の魅力を発見することを目的としています。
 また、動画共有サイトYoutubeで、事前学習としての映像教材も公開されています。天草市によると、「手描きのものを写真に撮って、気軽に応募してください」ということです。詳しくは天草市ホームページをご覧ください。

関連記事

  1. 若い芽たちの演奏会 開催

  2. 歴史資料保全のお願い

  3. 能面三人展

  4. 通いの場における介護予防及び感染症予防研修会が開催

  5. 旅する和牛 天草へ

  6. 映画「のさりの島]上映に向けて始動

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。