子ども作陶体験作品展

この話題は、2020年10月29日(木)に天草ケーブルネットワーク㈱ 「あまくさ、日々の話題」にて放送された天草の情報です!

  

現在、天草市船之尾町の天草文化交流館で、天草市の小学生が制作した陶磁器の作品展が開かれています。

 

 この作品展は、地元の資源である天草陶石を使って実際に器を制作することにより、地元産業となっている天草陶磁器の歴史や陶芸についての関心を高めてもらおうと、天草市が17年前から実施している「子ども作陶体験事業」で制作された作品を展示しているものです。

 同市11箇所の窯元などの協力でおこなわれているこの事業は、天草市内の全小学校17校の5年生と6年生を対象に実施されました。

会場には、船を模型のように立体的な造形で表現したものや、妖怪アマビエをモチーフにしたものなど、5か月間ほどをかけて制作された作品およそ680点が展示されています。

 この展示会「子ども作陶体験作品展」は、11月8日(日)まで開催される予定です。会場となっている天草文化交流館は入場無料で、休館日は月曜日と祝日の翌日、入館は午前9時から夕方5時まで可能となっています。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 令和版「魚貫町の歴史冊子」完成

  2. 雛人形がお出迎え

  3. 天草菊愛好会が育てた「第13回天草菊花展」

  4. 「道の駅 宮地岳かかしの里」オープン

  5. 未来の大人応援プロジェクトSBP事業

  6. 「#天草大王と車えび」 キャンペーン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。