ワンプレート冷凍弁当で地元産業を応援‼

この話題は、2020年3月31日(火)に天草ケーブルネットワーク㈱ 「あまくさ、日々の話題」にて放送された天草の「#タギる」情報です!

新型コロナウィルスの影響により注文がキャンセルとなった食材を活用した新たな事業が天草市で始まっています。

新たな事業に取り組んでいるのは、天草市楠浦町で地元農水産物のネット販売などを手掛ける株式会社クリエーション WEB PLANNINGです。今回、新型コロナウイルスの影響で、輸出のキャンセルが相次いでいる養殖業で新たな販路を見い出そうと、亀場町のアマクササンタカミングホテルと協力し地元食材を活用した冷凍弁当を開発しました。

3月25日には食材を活かす活動として支援を必要としている家庭におよそ35食のワンプレート冷凍弁当を無料で提供。天草産のブリをメイン食材として開発したブリ大根弁当が自社の工場で製造され、子どもの支援活動を行っている「憩いスペース こあ まるちゃん家」の協力のもと各家庭に届けられました。

なお、ワンプレート冷凍弁当は3月上旬にネット予約が開始され、4月1日から出荷を予定。今回届けられた各家庭からのアンケートも事業に役立てていきたいという事です。

関連記事

  1. 熊本県森林自然観察・体験教室

  2. 「天草スマートカレッジ」活動開始

  3. 民生委員児童委員研修会 開催

  4. 天草SUPフェスタ2020開催

  5. 全国一斉 国勢調査始まる

  6. 天草菊愛好会が育てた「第13回天草菊花展」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。