天草恒例の朝市が開始

この話題は、2021年1月11日(月)に天草ケーブルネットワーク㈱ 「あまくさ 日々の話題」にて放送された天草の情報です!

 

 

 天草の日曜朝の風物詩「しろう天草観光朝市」が、ことしも始まりました。
 毎週日曜日の早朝、天草市南新町の南川プロムナードで行われるこの朝市は、地元で採れた天草の農産物・魚介類を中心に、ばら寿司や五目おこわ、餅などの加工品もならび、人気を集めています。
 30年目を迎えたことしは、新型コロナウイルスの影響により、恒例となっていた「だご汁」の振る舞いが自粛されたほか、前日まで雪が降り続いていたため、当日の出店数は予定のおよそ半数、8店舗のみとなりました。
 

 本渡観光朝市運営協議会の森山会長は、「ことしは例年になく苦しい条件だったが、会員と話し合いを重ねて開催することができた。今まで以上に会員の気持ちをひとつにして、ここに来たら何でも揃うというような朝市にしていきたい」と話していました。
 「しろう天草観光朝市」は、毎週日曜日の朝6時30分から開催。農産物や魚介類のほか、パンや生花・コーヒーなどが、14店舗により1時間程度販売されているということです。

天草ケーブルネットワーク(株)公式ホームページhttps://www.acn-tv.co.jp/

関連記事

  1. サイクリングで天草を活性化

  2. 天草市子ども会駅伝大会

  3. 天草市初の「国際交流推進員」誕生

  4. 第35回五足の靴顕彰全国短歌大会‼

  5. 天草地域のまちおこし講演会

  6. 新和小「はまぼう」観察会

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。