地域おこし協力隊員活動報告

この話題は、2021年1月28日(木)に天草ケーブルネットワーク㈱ 「あまくさ 日々の話題」にて放送された天草の情報です!

 

 今年度で任期を()える天草市地域おこし協力隊員による活動報告会が1月27日(木)、天草市役所本庁舎で開かれました。

これは、「よそ者目線」で天草を見ることができる地域おこし協力隊の活動内容や制度を学ぶことで、今後の地域づくりに繋げてもらおうと市職員による自主学習会の一環として、実施されたものです。

活動報告会には、天草市役所の若手職員およそ30人が集まり、天草市地域おこし協力隊の伊藤隊員や佐藤隊員が、3年間の実績を発表しました。

河浦支所に配属された伊藤隊員は、同地区での「歴史文化を活かしたまちあるき」企画を立案。「無人島(うぶ)(しま)の整備」や、「古江(ふるえ)大神宮(だいじんぐう)観月(かんげつ)ナイトハイク」の30年ぶりの復活を手がけました。

有明支所に配属された佐藤隊員は、「フットパス」企画を立案し、有明地区を歩いて散策するためのコース作成や看板の整備、イベントの開催などを行って、歩くことで地域交流に繋がることを説明しました。

天草市によると、天草市地域おこし協力隊メンバー14人のうち、令和2年度は7人の隊員が退任し、令和3年度からは新たに1人が加わる予定で、地域活性化に向け取り組んでいくということです。

天草ケーブルネットワーク(株)公式ホームページhttps://www.acn-tv.co.jp/

  • コメント: 0

関連記事

  1. 佐伊津小学校児童が工場見学

  2. 上天草市フォトコン 審査結果発表

  3. 「奇跡と幸せを呼ぶ鳥」

  4. 天草の落人伝説展

  5. 「令和2年度天草市表彰」表彰式

  6. 異業種3者がピューレを開発

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。