船の抗菌化が完了

この話題は、2021年2月9日(火)に天草ケーブルネットワーク㈱ 「あまくさ 日々の話題」にて放送された天草の情報です。

 

天草南の玄関口、牛深と鹿児島県長嶋を繋ぐフェリー「第二天(だいにてん)長丸(ちょうまる)」の抗菌化が完了しました。

 これは、県をまたいで移動するフェリーを抗菌化(こうきんか)することで、感染症対策を図り、安全に利用してもらおうと、フェリーの管理者である三和(さんわ)商船(しょうせん)株式会社が熊本市内の事業所に依頼し行ったものです。

 抗菌作業は、特殊な液体を霧状にスプレーして行われ、フェリー利用者が触れる椅子や手すりをはじめ、牛深港と長島の蔵之元港の切符売り場などに施されました。

この液体は、触っても人体に影響がなく、空気中の酸素や水分と反応することで抗菌力を発揮し、その効果はおよそ5年間続きます。熊本市内の市電や小学校などでも採用されており、天草市の中央図書館にも同様の施工がなされています。

なお、牛深港と長島の蔵之元港を結ぶ航路は現在、一日10便が運航中です。

天草ケーブルネットワーク(株)公式ホームページhttps://www.acn-tv.co.jp/

  • コメント: 0

関連記事

  1. 伝統民芸「とおしもん」除幕式‼

  2. 愛は地球を救う福祉車両贈呈式」

  3. 「ビジネスアイデアの事業化を支援」

  4. 天草拓心高校が食品加工品の市場調査を実施  

  5. 明徳寺入口交差点 もっと便利に安全に

  6. 河浦町で天草伝統の正月飾り

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。