新春洋画二人展 開催中

この話題は、2021年2月18日(木)に天草ケーブルネットワーク㈱ 「あまくさ 日々の話題」にて放送された天草の情報です。

 

現在、天草市中央新町のギャラリー四季で、渡邉(わたなべ)英人(ひでと)さんと山口(やまぐち)(ひろし)さんの「新春洋画二人展」が開かれています。

この作品展は、天草在住の美術愛好家である、渡邉英人さんと山口洋さんの作品を展示することで、二人の作風の対比によるコラボレーションを楽しんでもらおうと 開催されたものです

渡邉さんは、保育園などを経営する傍ら、油絵の創作活動を行い、現在、天草美術協会の会長を務めています。画風は抽象的で、生と死を表現した迫力ある連作「(わか)れる」が展示されてます。

河浦町出身で、現在本渡町広瀬に在住の山口さんは、天草や熊本の美術協会会員として、全国の美術展で入選するなど活躍中です。画風は写実的で、海や河など自然の美しさを表現した作品が並んでいます。

また、賛助出品として、元熊本県美術家連盟会長で天草にもゆかりのある熊本市の洋画家、春口(はるぐち)光義(みつよし)さんの作品も展示され、二人の作品展に花を添えています。

コメント:3人 渡邉さん、山口さん、春口さんなお、この作品展は、3月7日(日)まで開かれており、平日はお昼12時から午後6時、土曜日と日曜日、祝日は午前10時から午後6時までで、休館日は2月22日月曜日24日水曜日、3月1日月曜日となっています。

天草ケーブルネットワーク(株)公式ホームページhttps://www.acn-tv.co.jp/

  • コメント: 0

関連記事

  1. 天草の高校生が「ビジネスプラン」を発表

  2. 御所浦小学校伝馬船体験

  3. 天小児童シーカヤック体験

  4. 天草宝島起業塾 今期全課程が修了

  5. 映画監督が天草で舞台挨拶

  6. 天草町で月桃栽培中

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。