オリンピック聖火 天草市で展示

この話題は、2021年3月11日(木)に天草ケーブルネットワーク㈱ 「あまくさ 日々の話題」にて放送された天草の情報です。

 

東京2020(ニーゼロ ニーセロ)の聖火リレーで使用するトーチが現在、天草市役所本庁舎で展示されています。

オリンピックの開催を前に、聖火リレーのトーチが全国各地で巡回展示されており、天草市は、人吉(ひとよし)市、水俣(みなまた)市に次いで県内3箇所目の展示場所となります。

南側ロビーに展示されたトーチは、高さおよそ71センチ、重さおよそ1.2キロあり、色は、金色をベースにモチーフとなった 桜色を加えた「桜ゴールド」です

素材の一部には東日本大震災の復興仮設住宅のアルミ建築廃材が再利用され、一歩ずつ復興に向けて進む被災地の姿を世界に伝えます。

 また、5枚の花びらをイメージして造形された燃焼部を含む、トーチ全体は()ぎ目のない「ひとつなぎ」で成形(せいけい)されており、日本の伝統と高い技術力がひとつになったものとなっています。

このトーチは14日(日)まで展示され、時間は午前8時30分から午後5時15分までとなっています。

天草ケーブルネットワーク(株)公式ホームページhttps://www.acn-tv.co.jp/

  • コメント: 0

関連記事

  1. ロードクリーンボランティア優良団体 表彰

  2. 案内看板でおもてなし

  3. 樋合海水浴場「パールサンビーチ」

  4. お医者さんから見たスマホの安全な使い方講座

  5. 「天草スマートカレッジ」活動開始

  6. 高校生による販売実習会が天草各地で開催

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。