コロナ退散!「アマビエアイス」 ‼

この話題は、2020年5月1日(金)に天草ケーブルネットワーク㈱ 「あまくさ、日々の話題」にて放送された天草の「#タギる」情報です!

熊本県の妖怪「アマビエ」をモチーフとした冷菓の販売が開始されました。

天草市五和町御領の永田冷菓では、新型コロナウイルス感染症の一日も早い終息を願って、自社のオリジナルブランド「たまにゃん本舗」から「アマビエ」をモチーフにしたアイスクリームと生クリーム大福を販売しています。

「アマビエ」とは、江戸時代末期に現れ、「疫病が流行したら、私の姿を描いた絵を人々に見せよ」と告げたといわれている半人半魚の妖怪で、コロナ禍の始まった2月頃からSNSを中心に全国にその名が広まりました。

今回販売を開始する商品には、月圭山·芳證寺住職が岩谷観音で新型コロナウイルスの早期退散を祈願したお守り「アマビエお札」が同梱されています。

内容は、地元天草の素材をふんだんに使用したビワ·塩バニラ·イチジクのアイス6個いりの「アマビエアイスクリーム詰め合わせ」税込み1940円のほか、このアイスと生クリーム大福を同梱した「アマビエ様勢揃いセット」などがあります。

主にインターネットにてセット販売で提供されており、お買い求めは「たまにゃん本舗」で検索してください。なお、収益の一部は医療関係などに寄付を予定しているということです。

関連記事

  1. 猫がテーマの作品展 開催

  2. 「天草地域合同企業説明会」開催

  3. 「佐伊津夜話」復刻

  4. 本渡看護学校でオープンキャンパス開催

  5. 4曲目!天草の音楽集団KAPOEIRA(カポエラ)による「彩り」You Tube配信スタート!

  6. 切り絵と布小物の作品展 開催中

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。