うにの祭典 ことしも開催

この話題は、2021年3月19日(金)に天草ケーブルネットワーク㈱ 「あまくさ 日々の話題」にて放送された天草の情報です。

3月20日(土)から始まるうに(・・)の祭典「天草(なま)うに三昧(ざんまい)」が、ことし(・・・)も開催されます。

天草宝島観光協会が主催する「天草生うに三昧」は、天草市内の飲食店や宿泊施設などで新鮮な「生うに」を味わえるイベントで、 ことしで6回目を迎えます。

天草では3月上旬にムラサキウニ漁が解禁され、五和(いつわ)町の(ふた)()漁港では、水揚げされたばかりのムラサキウニがスプーンで丁寧にすくい(・・・)出されていました。 

ムラサキウニは、夏の「アカウニ」と並び、絶品の海の幸と言われています。

一般的なイメージの黄色よりも暗い色をしているものは黒紫ウニと呼ばれ、天草島外へは流通していない貴重なうにとのことです。

また、「天草生うに三昧」で提供されるうに(・・)は保存料を一切使用しておらず、甘くて臭みのない味が楽しめるということです。

「天草生うに三昧」は、3月20日(土)から5月31日(月)まで開催されます。詳しくは天草宝島観光協会ホームページをご覧ください。

天草ケーブルネットワーク(株)公式ホームページhttps://www.acn-tv.co.jp/

  • コメント: 0

関連記事

  1. 天草広域本部 売店リニューアル進行中!

  2. 牛深地域の新火葬場が落成

  3. 「佐伊津夜話」復刻

  4. アイランドカップ3×3バスケットボール大会

  5. 枦宇土町高齢者学級

  6. 上天草市と九州大学 未来デザイン学センターが協定を締結

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。