天草各地の紫陽花が見ごろ

この話題は、2020年6月17日(月)に天草ケーブルネットワーク㈱ 「あまくさ、日々の話題」にて放送された天草の「#タギる」情報です!

現在、天草各地で紫陽花が見ごろを迎えています。

紫陽花は5月から7月にかけて青やピンクの花を咲かせ、雨に濡れても元気なことから、梅雨の代名詞ともいわれています。

日本や中国、北アメリカ原産の落葉低木で、樹高は1メートルから2メートル、はっきりと葉脈が浮き上がった光沢のある葉っぱをつけます。

 紫陽花の花のように見える部分は「がく」と呼ばれる葉が変形したものです。

「がく」の中心に隠れるように咲くのが花の部分で、根から吸収される養分によって花色が変化し、酸性なら青色、アルカリ性ならピンク色へと変化します。

 様々な色や形の違う紫陽花は今年も、天草の各地で見ることができそうです。

関連記事

  1. 湯島でコロナ感染症患者緊急搬送訓練

  2. 鯉のぼりが銀天街を泳ぐ ‼

  3. 秋の全国交通安全運動

  4. 世界遺産の地で「感謝の鐘」

  5. 天草エンタメch「あまピカ」

  6. 海外実習生の手づくりマスク‼

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。