世界遺産の地で「感謝の鐘」

この話題は、2020年6月25日(木)に天草ケーブルネットワーク㈱ 「あまくさ、日々の話題」にて放送された天草の「#タギる」情報です!

 

現在、天草市河浦町の崎津集落で「感謝の音色」が鳴り響いています。

 これは、新型コロナウイルス感染症に立ち向かう医療従事者へ感謝の気持ちを送ろうと、福岡市の教会や寺を中心に広まっている取り組みです。

﨑津教会もこの取り組みに賛同し「医療従事者への感謝を思い返すとともに、コロナ禍が終わることを祈りながら鐘の音を聞いてほしい」との思いで行われています。

 

﨑津教会は「海の天主堂」と呼ばれており、集落を包み込むように鳴り響く鐘の音は、新型コロナウイルス感染症が終息されるまで、毎週金曜日に鳴らされるということです。

また、天草市では崎津教会のほかに天草町の大江教会でも同様に感謝の鐘が鳴らされています。

関連記事

  1. 令和2年度上天草プロジェクト始動

  2. 倉岳町の希少な花「アイラトビカズラ」‼

  3. 天草電気工事組合が天草工業高校にマスク寄贈 ‼

  4. 宮地嶽三社宮 鳥居奉納‼

  5. 「佐伊津夜話」復刻

  6. ウチョウランが見ごろを迎える

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。